性病や若年性うつ病のセルフチェックを行う

たくさんの病気が低年齢化してきており、昔は10代や20代ではそんなに多く見られることが無かった病で悩む人たちが増えています。性病もその内の一つで、雑誌やテレビなど色んなメディア媒体の情報などから、性に興味を持つ年齢も低下したことにより、知識が不十分なまま行為に及び感染してしまう人も多くいます。

性病になっている場合早期に治療を開始するべきなので、セルフチェックを行い疑わしい場合には恥ずかしがらずに病院で検査を受けるべきです。インターネット上でセルフチェックができるようにしている病院があるので、そのサイトを利用して確かめると良いです。不特定多数の人と行為を行ったことがあったり、コンドームを正しく利用していない、性器にかゆみや腫れがあったり、痛みや臭いがする場合など心当たりが一つでもあれば性病の可能性があるので実施するべきです。

若年性うつ病も多く見られるようになってきていて、学生の内から患ってしまうこともあります。若年性うつ病は本人も周囲も気づかないことがあるため、気分の落ち込みが激しいことがあったり、急にやる気が出なくなるときがあればセルフチェックを受けてみるべきです。活発に人と交流があり、運動などを行っていて元気に見えることがあっても若年性うつ病になっていて、対応を怠っていたら症状が悪化してしまったケースもありますから、普段接するときの対応だけを見て判断しないことが肝心です。

疲労感や倦怠感が中々抜けなかったり、食べ物の趣味が変わる場合や、体重の変化、夜中に目覚めて不安になることがあるかなど、色んな角度から確認を行いトータル的に判断して行くことになります。セルフチェックは病院で問診として行われることもあります。